ヒストリー
 
            オーナー 橋本和吉 1960年生まれ 趣味 山登り 常識を疑うこと
              妻      広子 1958年生まれ 趣味 山登り
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1986年 
登山サークルで出会い結婚
「24時間一緒にいるため」脱サラ 喫茶店を始めようとするがワケあって開店前に断念
1987年 
沖縄与那国島に出稼ぎ 製糖工場でアルバイト
帰ってきて木工民芸工房に就職
1988年 
森の工房の前身である木工房風人舎(ふうじんしゃ)を始めるが思うようにいかず貧乏暮しが続く
1992年 
猪苗代湖畔に試験ショップ「クラフトハウス」をオープン 1シーズン営業
1993年 
長女が生まれる
1994年 
現在地に移転、木工品製造販売「森の工房」オープン
銀行から借り入れができず小さなプレハブに工房と店、居住スペースを押しこみ、水道も風呂もない生活が始まる
想像以上のお客様が来店し驚き初めてスタッフを雇う 
1995年 
手作りクラフトの祭典「あだたら手作りフェスタ」開催 地方紙の1面トップを飾る
火事ですべて焼失、失意に打ちひしがれるが多くの人の励ましによってほどなく再建
1996年 
長男生まれる
自宅を建てる。大工さんに外側だけ作ってもらい内装は引っ越してから自分で取り組むが進まず
2000年 
猪苗代店オープン
2001年 
自宅1F部分を改造しカフェ「風花」オープン
2003年 
チーズケーキを発売 口コミで評判が広がる
2007年 
風花金色店オープン
猪苗代店閉店
2009年 
木工房廃止
元工房を自分でリニュアルし木工品とナチュラル雑貨の店「もりのこうぼう」としてオープン 
空いた元店舗をケーキ工房として自分でリニュアル
 
※さらに詳細なストーリーは森の工房通信をご参照ください